3Dデータをモデル登録するには

CoLABが対応している3Dモデルフォーマット:COLLADA(拡張子:「.dae」)
CoLABにCOLLADA ファイルを登録するためには、MacPCにて下記の事前変換処理を行っていただく必要があります。

必要環境

OS OS X Mavericks 10.9.4以上
ソフトウェア Xcode6.0以降

(1)任意のフォルダに、COLLADA ファイルを準備します。
写真チャット60

(2)ターミナルを起動します。
MacPCの画面の右上にある虫眼鏡のアイコンをクリックし、「ターミナル」と入力して検索してください。
写真チャット61

写真チャット62

(3)ターミナル上で、「cd ((1)でCOLLADA ファイルを準備したフォルダへのパス)」を入力し、Enterキーを押してください。
写真チャット63

(4)以下のコードをコピーし、ターミナルにペーストしてください。
赤字の部分を適切なファイル名に変更し、Enterキーを押してください。
「Applications/Xcode.app/Contents/Developer/usr/bin/scntool –convert ((1)で準備したCOLLADA ファイル名).dae –format c3d –output (変換処理後のファイル名).dae –force-y-up –force-interleaved –look-for-pvrtc-image」
写真チャット64

(5)(1)のフォルダ内に、(4)で変換したファイルが作成されます。
写真チャット65

(6)CoLABがインストールされたiOS端末に、(5)で作成された変換処理後のCOLLADA ファイルを移動してください。

(7)iOS端末でCoLABを起動し、モデル登録操作(こちらをご参照ください)で(6)のファイルを選択し、CoLABにモデル登録します。